ヒトメタニューモウイルスってどんな病気?保育園には行けるの?資料を元に徹底解説!

その他のこと

こんにちは、山岡エビです。

子供の病名は聞きなれないものが多く不安ですよね。

先日息子(1歳)がヒトメタニューモウイルスに感染し、最後には大人の私にも感染しました。

この記事は、小児科の先生にもらった冊子や心配で調べたことを元に簡単にまとめています。

症状には個人差がありますが、うちの子の病気の経過も別で記事にしていますので参考にしてみてください。

【2019年】ヒトメタニューモウイルスに感染!1歳の体験談
こんにちは、山岡エビです。子供が聞き慣れない病気になってしまった場合、心配で検索してしまいませんか?私は不安ですぐに調べまくってしまいます。先日息子(1歳)がヒトメタニューモウイルス感染症になってしまったのでその時...

ヒトメタニューモウイルスとは

ヒトメタニューモウイルスというのはRSウイルスの症状とよく似ていています。

保育園などは熱がさがり、ひどい咳がなくなったら登園できます。

発見されたのは2001年なので比較的新しく聞き慣れない人も多いようですね。

流行のピークは3月~6月です。

ですが1年中かかる可能性はあります。

10歳までにほとんどの子供がかかると言われています。

ただし1度感染しただけでは十分な抗体が作られないことも多く、何度か感染しながら抗体を獲得していきます。

保育園や幼稚園、小学校で集団感染することも多いウイルスです。

子供の病気というわけではなく大人にも感染します。

乳幼児や高齢者は重症化しやすいので注意が必要です。

主な症状

主な症状は以下の3つです。

  1. 発熱
  2. 鼻水

重症化して気管支炎や肺炎になると喘鳴(ぜんめい)といって呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」というような音がする状態になることがあります。

特に2歳前までの子供は痰を排出する力が弱いので呼吸困難におちいりやすく、注意が必要です。

入院が必要になることもありますので注意してあげましょう。 

注意したい合併症

  1. 中耳炎
  2. 喘息の悪化
  3. 熱性痙攣
  4. 急性胃腸炎

年齢が低いほど合併症にかかる割合が高くなる傾向があるので注意しましょう。

中耳炎で耳鼻科を受診するなど、他の医療機関にもかかりたい場合ヒトメタニューモウイルスに感染していることは先に連絡しておきましょう。

他の患者さんに感染を防ぐため隔離してくれたり、患者さんの少ない時間帯を指定してくれる病院もありますので先に連絡をしておくと安心です。

潜伏期間

4~6日です。

発症から回復までの期間

主な症状は1週間程度でよくなります。

熱が4日以上続く場合は中耳炎や肺炎、気管支炎を併発している疑いがあります。

1日のうちに少しでも高熱(37.5度以上)の出ている時間帯がある場合は熱がある日数として計算します。

朝は熱が下がっていても夕方にかけて上がってくることも多いので注意しましょう。

体調はおおむね良くなっても咳だけはしつこく残ってしまうことも多いです。

治療

特別な治療法や特効薬はありません。

症状を和らげる薬を使う対症療法が主となります。

咳止め、痰をやわらげたり鼻水をおさえる薬、解熱剤などです。

水分補給を十分にしてゆっくり体を休めましょう。

あまりにも咳がひどいと吐いてしまう場合があります。

小児科で吸入治療をしてもらうと呼吸が楽になるようです。

特に夜間の咳がひどい場合は朝ではなく夕方に受診し、就寝前に吸入治療をしてもらうとゆっくりと眠ることができおすすめです。

感染経路と予防法

感染経路

  • 飛沫感染(口や鼻から感染)
  • 接触感染(ウイルスに触れて感染)

咳やくしゃみで飛び散ったウイルスを直接吸い込んだり、ウイルスを含んだ飛沫や鼻水のついたタオル、食器に触れることで感染します。

特別なワクチンは存在しませんので、一般的な風邪の予防と同じく手洗いうがいが有効です。

予防法

特別なワクチンは存在しませんので、一般的な風邪の予防と同じく手洗いうがいが有効です。

検査方法

インフルエンザと同じく、細長い綿棒で鼻の奥をぬぐいとります。

検査は簡単で10分程度で結果がわかります。

まとめ

ヒトメタニューモウイルス感染症になった場合は水分補給をし、ゆっくりと休みましょう。

看病に当たる人はマスクをし手洗いうがいを徹底しましょう。

どうぞお大事に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました