脱水がひどく1歳で点滴に!本当に怖いロタウイルスの体験談

その他のこと

こんにちは、山岡エビです。

共働きをしているので、子供は0歳から保育園に通っています。
保育園ではとても楽しそうにすごしていますが、やはり病気をもらってきてしまうことも多いです。

仕方ないことではありますが、同じクラスで鼻水やせきをしている子が必ずいるんですよね。

まだ小さな子供が風邪をひいている姿は可哀想でしかたありません。
なかでも嘔吐や下痢のある胃腸炎になってしまったときは見ているだけでつらいですよね。

そこまで酷い状態になっているとは思っていなかったのですが、検査をしてみると低血糖と脱水症状になっていました。

小さな子供に点滴を刺すのはかなり大変です。

こんなことは無いのが一番なので、予防するためにも参考にしてみてください。

ちなみにうちの子はロタウイルスの予防接種(任意)をうけていました。

なので重症にならずにすみましたが、それでも点滴をするはめになりました。

そのすぐ後に母親の私にも感染し、私のほうでロタウイルスだったことが判明しました。

それをふまえてお読みください。

点滴の2日前

16:30ごろ保育園から帰ってきた時はいつもの通り元気でした。

おばあちゃんの家が近くにあり、たいてい遊びにいきます。
そこでもとても元気で機嫌よく過ごしていました。

ただ、保育園でもおやつを食べてきたはずですが、今日はやたらとおやつを欲しがり、たくさん食べていました。

家に帰ってくると眠そうに目をこすり抱っこをせがみました。
夕方になると眠たさのピークがくるようです。
晩ごはんの時間やおふろの時間に眠たくて機嫌が悪いこともよくあります。

この日は特に眠そうだったので、晩ごはんの準備をする前に一度眠らせました。

先に私だけ晩ごはんを済ませたあと、起こして食べさせようとしたのですが、珍しく全く起きてくれません。
こういう時おふろに入れると起きることが多いのでむりやり服を脱がせそのままお風呂に入りました。

狙いどおり目を覚ましてくれて、機嫌も良かったのですがお風呂を上がるとまた眠ってしまいました。

ばんごはんを食べていないことは気になりましたが どうにも起きてくれないので仕方なくそのまま眠らせました。

点滴1日前

朝になりパパが抱っこしていたら今日は何だかおかしいとずっと言っています。
お尻がとても暑いのだそうです。

熱を測っても37.2度。
保育園に行けない熱ではありません。
ですが朝ごはんを全く食べてくれませんでした。

いつもはちょこまか動き回るのですが、今日はあまり動こうとしません。
すぐに抱っこをせがみます。

少し迷いましたが、パパがなんだかおかしいとずっと言うのでその勘を信じて今日はおやすみにすることにしました。
パパが毎朝ごはんを食べさせたり着替えさせたりしているので朝の状態については私よりくわしいと判断したためです。

おやすみすると決めたと同時くらいに眠ってしまっていました。
やはり調子が悪いのかなと思いました。

それから3時間くらいたち、起きたかと思うとうつ伏せになりそのまま動かなくなりました。
様子を見ているとうんちをしているようでした。
普通のコロンとしたうんちが一つと、大量の軟便が出ました。
おむつからあふれでるくらいです。
熱をはかってみると38.2度ありました。

お昼ご飯を用意しましたがあまり食べたくなさそうでした。
おみそ汁は好きなのでそれは飲み干そうとしていました。
少しだけ白いごはんを口に入れるとオエッとえづきました。
変なところに入ったのかなと思ったのですが、おそらく気持ちが悪かったのだと思います。
突然立ち上がって私の方にしがみつくように抱きついてきた後、盛大に嘔吐しました。

その後は固形の食事は取れませんがお茶はよく飲みおっぱいも飲んでいました。
ぐったりはしていませんでしたが、いつもよりよく眠り、回数も時間も多かったです。

小児科に行くといつも動き回っておもちゃで遊ぶのですが今日は抱っこされたまま動きませんでした。

診察の結果は感染性の胃腸炎。
ノロウイルスやロタウイルスの検査をするには熱が上がってから時間が経っていないので明日にしましょうとのことでした。
どちらにしても治療は同じなので特に問題はありません。
とりあえず吐き気止めの座薬をもらって帰りました。

家に帰ってから 水溶性の便を2回大量にしました。
オムツから溢れてズボンを汚してしまうほどの量です。
あいかわらず食欲はあまりなく水分補給だけを心がけました。
うとうととしてすぐに眠ってしまいました。
今日は本当によく眠ります。
目が覚めていても基本的に横になっていました。
ぐったりしているわけではありませんでしたが普段はちょこまか動きおとなしく横になることはないので心配でした。

幸いなことに夜中に吐くことも下痢をすることもありませんでした。

点滴当日

朝起きると昨日よりは物を食べたそうにしていたので少しだけご飯を与えました。
すると一度だけぴゅっと軽い嘔吐をしました。
これ以上は危険だと思い食事を与えるのをやめました。
水分だけはたくさん与えました。
そのあとの様子は昨日と同じで、横に転がっていることが多かったです。
ぐったりしているようには見えませんでした。

たまに立ち上がっておもちゃやテレビのリモコンを取りに行ったりしていました。
元気いっぱいではないですが、全然ダメだとも思いませんでした。
熱も37.2度になっていました。
うちの子は夕方にかけて熱が上がっても朝は落ち着いていることが多いです。
なので油断はできません。
一度嘔吐もしているので念のため小児科を受診しました。

先生が見たところそれほど危険な状態ではなさそうだという判断でした。
ですが基本的に寝転がっていることが多い話をすると
、念のために血糖値と脱水症状が起きていないか血液検査をしましょうと提案されました。
これくらいの歳の子供がずっと寝転んでいるのは体調が悪いと判断してよいらしいです!

結果は低血糖と脱水症状がありました。
この日は土曜日で、翌日の日曜日は診療をしていません。
念のために今日点滴を打つことをおすすめすると言われました。

小さな子供に点滴を打つのはとても難しいことです。
脂肪でふっくらしている肌の血管は見えません。
点滴を打つことの意味も分からないので本気で暴れてしまいます。

体をぐるぐる巻きにして固定してから 注射をします。
その姿はとても痛々しいものになると思うのですが、私は部屋から出されてしまったので実際にその姿を見ることはありませんでした。

15分ほど部屋の前で待たされていましたが、部屋の中から息子の絶叫がずっと聞こえていました。
ようやく部屋に招き入れられた時には泣きすぎて顔が真っ赤になっていました。
体中を縛られ固定され 看護師さん達に抑えられながら先生に注射をされたそうです。
とても怖かったようで私に抱かれてからも落ち着いたと思ったら急に泣き出しての繰り返しでした。

点滴中の姿です

点滴は 1時間ほどで終わりました。
途中から落ち着いてスヤスヤと眠っていました。
家に帰ってからも1時間ほど眠っていたのですが、起きてからはとてもすっきりしたようで「まんま!まんま!」とご飯を要求していました。

「今日は本人もしんどくて固形のものは欲しがらないと思いますし、水分補給だけのほうが良いですよ」
と言われていたのですが少し食欲が復活しているようでした。
固形物は避けたかったので野菜スープを少しだけあげてみました。
すごい勢いでごくごくと飲み干しましたが、吐いてしまっても困るので、時間をおいて徐々に量を増やすようにしていきました。
点滴をして帰ってきてからは目に見えて元気になりました。
自分で立ち上がり、スタスタと歩きまわり、おもちゃで遊んでいました。

夜には柔らかい食べ物であればパクパクと食べていました。
あまりに量を食べさせると夜中に吐いたりしてしまうのではないかと不安だったので量は控えましたが、こちらが切り上げなければ普通の量を食べていたのではないかという食べっぷりでした。
幸いなことにこの日も嘔吐も下痢もなく夜中を過ごすことができました。
翌朝私が食べていたトーストを欲しがったので中の白い部分だけ与えました。
もぐもぐと美味しそうに食べていました。
相変わらず下痢はありましたが吐き気はないようでした。
柔らかめのご飯や具材のすごく少ないスープを食べさせるようにしていましたが、 本人は普通の固形物を普通の量食べたそうでした。

まとめ

点滴をうった日の子供の様子ですが、少ししんどそうではありましたが、まさか点滴をうつほどだとは思いませんでした。
普段ちょこまか動き回る1歳半くらいの子供が、ずっと横になっておとなしくしているのは危険な状態のようです。

点滴をしている時の子供の泣き声はとても聞いていられるものではありません。
そうなる前に早めに対処できるように気をつけてあげてくださいね。

風邪や中耳炎の予防のために買ったメルシーポットがとても良かったのでこちらもお読みください

メルシーポット感想。新生児から使える!中耳炎予防にオススメ【クチコミ】
子供が小さい間は自分で鼻水をかめないので困りますよね。山岡エビ毎日耳鼻科に鼻水を吸ってもらいに行くのは大変!自宅でも耳鼻科と同じくらいすっきり鼻水が吸えたらいいなと思いませんか?うちの子供は耳鼻科の先生に指摘さ...

それではお大事に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました