妊娠・出産

妊娠したら葉酸サプリは必要?副作用はないのか、いつからいつまで飲むべきなのか


最近よく聞くようになった葉酸サプリですが、きちんと飲んでますか?

私は妊活中、妊娠中にかなりお世話になりました。

赤ちゃんのために葉酸は絶対に必要で、最近では母子手帳にも書かれています。

この記事でわかること
  • なぜ葉酸が必要なのか
  • いつから必要なのか
  • 食品よりサプリの方が良い理由
  • パパには必要ないのか

葉酸はなぜ必要なのか?

葉酸とは赤ちゃんの体を作るのに大切なビタミンB群の一種です。

もしも足りない場合は、赤ちゃんが特定の先天異常をもって生まれてしまうリスクがあります。

先天異常というのは二分脊椎症などの神経管閉鎖障害です。

病気の説明は省略しますがこの先天障害は葉酸の摂取によって防ぐことができます。

日本での先天異常の発生率は50人に1人程度だと言われています。

私の感覚では結構多いな……と怖くなりました。

厚生労働省は2000年から葉酸摂取の重要性を呼びかけています。

しかしまだ葉酸の知名度はすべての妊婦さんに知れわたっているとは言えません。

私の友達にも葉酸の重要性というよりは葉酸そのものの存在を知らない人も多くいました。

その人たちは運良く元気な赤ちゃんを生みましたが、発生率でいうと自分の赤ちゃんが障害をもって生まれてくる確率はなかなか高い訳です。

実際、二分脊椎症などの発症率は増加傾向にあります。

葉酸を摂取するだけでそのリスクを下げられるのですから積極的にとりたいですよね。

幸いなことに1日に必要な量も必要とされる期間もわかっています。

葉酸はいつからいつまで必要?

妊娠の1ヶ月前~妊娠3ヶ月の期間に必要だといわれています。

まさかの妊娠する前から必要なんですね。

これにはきちんと理由があります。

葉酸で防ぐことのできる赤ちゃんの先天異常が妊娠直後から7週目までのかなり初期の段階で起こるためです。

生理の遅れやつわりなどの体調の変化で妊娠に気づいた頃にはもう手遅れになっていることが多いのです。

葉酸の他には鉄、ビタミンDなども妊娠中に必要とされます。

これらは赤ちゃんの体を作るのに大切な成分なのですが、そもそも日本の20代女性は慢性的に不足しているといわれています。

妊娠するとこれらの成分は普段よりも多く必要になるので、妊娠前から積極的な摂取をおすすめします。

葉酸はどれくらいの量を摂取すればいいの?

妊娠中でもその時期によって多少の増減はありますが一番大量に必要な時期では1日480マイクログラム摂取するべきだと言われています。

ただしこれを食事で摂取するのは非常に難しいです。

その理由を次の項目で説明します。

なぜ食品ではなくサプリメントで摂取するのか

妊娠中に必要とされる葉酸の量は食事から摂取するのが難しいくらいに大量だからです。

また、食事から摂取できる葉酸とサプリメントに使われる葉酸では吸収率に差があります。

食事に含まれる葉酸を体内に吸収するためには一度体内で分解しなければなりません。

この分解のプロセスが含まれるため摂取した量に対して半分程度しか吸収されないのです。

また熱に弱い性質があるので、調理の過程で葉酸の成分が壊れてしまいます。

サプリメントならあらかじめ分解されたあとの形の葉酸を含んでいるので約85%程度吸収することができるといわれています。

サプリメントなら1日4錠程度ですますことができます。

葉酸が必要な時期はちょうどつわりのひどい時期でもあるので食事から摂取するのは本当につらいです。

日本産婦人科学会のガイドラインでもサプリメントでの補給が有効と記されているので食事も気にしつつサプリメントを使うのがおすすめです。

サプリで取るのは怖い?副作用はないの?

泣く女性

葉酸は調理の過程で壊れてしまう比率がかなり高いので、通常の食事で摂り過ぎる心配はありませんし食事で摂取した葉酸が発ガンを抑えるという発表があります。

それにたいして、サプリメントでは、がんの発生率が高まるという発表もみられます。

ただしこれは妊娠中や妊活中に限らず常日頃から葉酸サプリを摂取していた場合なので、人生における特定の期間だけ摂取するのならそれほど気にするデータではありません。

この数値よりも赤ちゃんが障害をもってしまう割合のほうがよっぽど深刻なものです。

妊活中や妊娠初期はサプリメントを積極的に利用し、妊娠中期に入ったら量を減らすか、サプリメントはやめて食品から積極的に摂取する方向にきりかえましょう。

葉酸の入っている食品と気をつけること

葉酸が豊富に含まれる主な食品は以下です。

  • えだまめ
  • ほうれん草
  • 干し椎茸
  • きなこや大豆製品(納豆など)
  • 海藻類
  • いちご
  • アボカド
  • マンゴー

気をつけるのはレバーです

レバーは葉酸とともにビタミンAも豊富に含まれています。

ビタミンAの過剰摂取は赤ちゃんの奇形に繋がります。

1切れ程度でもビタミンAの摂取量が危険な域になるのでレバーの摂取は控えましょう。

葉酸は妊活にいいの?

1996年にハンガリーで行われた研究なのですが葉酸サプリを摂取したグループとそれ以外のマルチビタミンサプリを摂取したグループに分けて1年程度かけて妊娠率を追跡調査したものがあります。

その研究によると葉酸を摂取したグループのほうが少し妊娠率が高かったようです。

赤ちゃんの先天異常ほど優位な結果は出ていませんが、妊活にも多少の効果がみられるといわれています。

私のは過去2度妊娠を経験していますが、そのどちらの時も葉酸を摂取していました。

妊娠したい月の1ヶ月前から葉酸を飲み始め、2回とも狙った月に妊娠することができました。

もちろん単なる偶然かもしれず葉酸の効果だとは言い切れません。

ただ、単なる偶然にしても2回連続だったので私にとっては葉酸はかなり効果があったようです。

葉酸はパパには必要ないの?

葉酸は男性の妊活にも効果があるという結果が出ている研究があります。

南アフリカの研究では、不妊症の男性に葉酸と亜鉛のサプリメントを26週間飲んでもらったところ、精子の濃度が増加したそうです。

アメリカの研究では、葉酸の積極的な摂取が精子の染色体異常によい影響を及ぼす可能性があるとされています。

これらの結果から男性不妊の場合も葉酸を摂取してみる価値はあるのではないかと思います。

まとめ

赤ちゃんの先天異常は葉酸の摂取で防ぐことができます。

ただし、先天異常は妊娠してすぐに起こる可能性が高く、妊娠に気づいてからの摂取では間に合いません。

そのため妊娠前からの摂取をおすすめします。

また、必要量を食事から摂取するのは難しく、サプリメントを使用するべきです。

妊活や、男性不妊にも一定の効果がある可能性があります。

これらの情報と私の個人的な体験から葉酸サプリの摂取は非常におすすめです。

↓こちらは厚生労働省推奨です↓

赤ちゃんのことを守れるのは私たちママだけです。

きちんと情報を手にいれ、赤ちゃんが少しでも元気で生まれられるようにしてあげましょう。

ABOUT ME
アバター
山岡エビ
関西在住。平成生まれ。家事嫌いな共働きママです。育児の事やお得情報、レビューなどを発信しています。
▼ブログランキング▼

ブログランキングに参加しております
よろしければクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング